医薬品と医薬部外品の違い

育毛剤をはじめに、化粧品・保湿剤には「医薬品」「医薬部外品」とあります。この違いを理解し、自分に適している方を使用しましょう。
まず、医薬品とは、病院で医師や薬剤師に処方される薬や、薬局などで市販されている薬のことを言います。その薬の有効成分の効果は認められたもので、病気の治療や予防に使用するものになっています。用法や用量など、使用に関することも、細かく明記されており、副作用の可能性も細かく明記されていなければいけません。また、使用する者は、この事を理解した上で、用法・用量を守り使用しまければいけないのです。
次に、医薬部外品とは、治療を目的とするものではなく、あくまでも、予防するものになっています。“医薬品に準ずるもの”という位置づけで、医薬品ほどの効果も得られません。人体に対する作用も穏やかで、副作用の心配も基本的にはありません。このことから、成分を細かく明記する義務もないのです。医薬部外品には、主に、育毛剤・入浴剤・歯磨き粉などの外用品にしかありません。
育毛剤でいうと、医薬品を選んだ場合、効果はあるものの、少なからず副作用の危険性がある。医薬部外品を選んだ場合には、即効的な効果はなく、徐々に効果が表れるぶん、副作用に関しての危険性はほぼ心配ないといった所でしょうか。あなたに適している物はどちらですか?よく選び、自分に合った方を使用しましょう。

Copyright(c) 「育毛剤」悩む前に使ってみよう!!. All Rights Reserved.